「彼女はキレイだった」あらすじ・キャスト&感想!韓国ドラマ

韓国ドラマざっくりあらすじ・キャスト情報&感想
「彼女はキレイだった」

冬眠主婦ねじです。

今回は、中国でもリメイクされ大ヒットした作品
「彼女はキレイだった」パチパチー!

スポンサーリンク

ざっくりあらすじ

子供の頃は可愛くて優等生だったヘジンだが、父親の遺伝子のせいで残念な成長をとげてしまう。

容姿のために周囲の扱いも悪く、就職も思うようにならない。

そんな時、初恋の相手で仲良しだったソンジュンと15年ぶりに会うことに。

太っていていじめられっ子だったソンジュンが、めちゃめちゃイケメンに成長していてびっくりするヘジン。

自分の残念な姿を見せることができず、ヘジンは親友でモデル並みの美人ハリに代役を頼むことにする。

ところが、ヘジンが働くことになった雑誌編集部にソンジュンが上司としてやってきて、ヘジンに厳しく接するようになるのだった。

一方、ソンジュンが気に入ってしまったハリは、ヘジンに黙ってソンジュンと会い続けていて…

以下少しネタバレあります!
評価のみご覧になりたい場合は、記事の最後までスクロールしてください。

キャスト情報&感想:全話視聴

主人公ヘジンは「運勢ロマンス」ファン・ジョンウム

この作品は「キルミー・ヒールミー」と同じ年のもの。

前作がいいとハードル上がっちゃいそうだよ、さあどうなる?って感じで観ましたが、まあ、いつもながらのはじけっぷりでしたw。

ナムジャ主人公ソンジュンは、「魔女の恋愛」で胸キュン年下男子だったパク・ソジュン

同じく「キルミー・ヒールミー」2番目男子から半年空けての今作。

同じ年に同じテレビ局で同じ人とってあんまりないよね。何か事情でも?

2番目女子ヘジンの親友ハリは、チョーカーがとってもお似合い、ファッショニスタのコ・ジュニ

この作品で見せたショートヘアが話題になってショートの女神と称されてるそうよ。
わかるわー!可愛かったもん。

誰でも真似できるわけじゃないよね。ファン・ジョンウムの「運勢ロマンス」のきのこみたいなショートは正直微妙だったもん

スタイルも抜群、モデルとしてスカウトされたのが芸能界入りのきっかけですって。

私の中で印象に残ってるのは「キツネちゃん何しているの?」コ・ヒョンジョンの妹役ね、おっさんとの年の差カップルがすごく可愛かったのよ。
今の芸名はその役名から取ったものです。

2番目男子シンヒョクは、アイドルグループSUPER JUNIORのメンバーチェ・シウォン

「ATHENA-アテナ-」で分析官だったのをうっすら覚えてるくらい、濃い顔なのにね。

今年30歳だから、このドラマの時は28歳。
見えないわー!
髭と役柄のせいかファン・ジョンウムより年上に見えた。

子役の2人は「オクニョ 運命の女(ひと)」チョン・ダビンぽっちゃりがかわいいヤン・ハニョル
2人ともかなりのキャリアの持ち主よ。

ダビンちゃんは「一枝梅(イルジメ)」 で初めて見たけど、本当に大きくなったねー。親戚のおばさん化するわ
幼いときのまま可愛く成長してよかった。ほっ

ハニョル君はなんと言っても「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」よ!
ディンドンとチャ・スンウォンの掛け合いがめっちゃツボだったわ。

あと、ドラマに花を添えた?wのは編集長を演じた超個性派ファン・ソクチョンw。

ソウル大卒だって、へー。

「ミセン~未生~」の財務部長役と長同士ちょっと雰囲気被ってるかな。
ぶっ飛んだファッションも行動も毎回楽しかった。

編集長変わってるけどいい人なのよね。
この作品はみんないい人で、嫌~な悪人がでてこないのがよかったな。

スポンサーリンク

感想

ヘジンの容姿、ぼっさぼさの髪に赤い顔で、にんじんだかとうもろこしだか。
加えてジャクソンなファッションは悪目立ちするだけ。

ソンジュンを見て隠れたのは、残念の自覚あるからでしょ。
だったら、ハリみたいな素晴らしいお手本が近くにいるんだし、もっと早い時期に変身できたはずよね。

性格もねー、普通は年に連れて落ち着くでしょって、ドラマの設定を全否定しつつ視聴。

設定といえば似てるよね、ディーン・フジオカが出てる台湾ドラマ「笑うハナに恋きたる」と。

天パーのヒロインが途中で見違えるほど変身したりこっちはレッスン受けて努力してた、太ってていじめられてた幼なじみがイケメン(←ディーン様)になって帰ってきたりするところ。偶然?

うーん、私はハリに感情移入しちゃったかなー。
ヘジンより容姿も経済も恵まれてはいるんだけど、全然嫌味なとこなかったもん。

それに、ハリにも家族との葛藤があって、人柄のいい両親に恵まれたヘジンとは違う辛さだよね。

そんなこんなで、ダメってわかっててもどうしようもない気持ちとかね、応援したくなってしまった。

ありがちなのはハリが嫌な女で、ヘジンにはいい顔しながら陰ではってパターンだけど、いい子だったんだもの。

ヒロインの総取りが気持ちいいときもあるけど、この作品はそうじゃなかったな。

シンヒョクはいつもふざけてて、どこまで本気なんだかって感じ、イマイチよく分からないキャラ。
楽しんで演じてる感じは伝わってきてたけど。

ジャ~クソンのことは、容姿に関わりなく本当に好きだったよね。
正体が知れて、見た目がしゅっとしてしまったら、強烈なトーンが低くなってちょっとつまらなくなった気がします。

ヘジンの異常なくらいのコメディー感(まあ、それがファン・ジョンウムの持ち味だよね)や、ソンジュンのツンデレの落差、ちょっとボケたとこなんかは見所なんだと思うけど、主人公カップルより2番目の2人が気になったドラマです。

パク・ソジュンが「キルミー・ヒールミー」の雪辱を果たしてゴールインしたのは、まあよかったねって思うんだけどね。

ラスト、子役ちゃん可愛かったけど、パパっていうイメージは正直まだ湧かないかな。「百年の花嫁」イ・ホンギは違和感なかったな…なんでや?

ヘジンの変身も特に苦労や努力したように思えなかったし、夢が簡単に見えたんだよねに叶っちゃうようなエピソードは、なんだかつまらない。

そこは編集部でキャリアを積みました~でもよかった気がしました。

評価は・・・

2番目女子がとっても魅力的

メインキャラに感情移入できればもっといいけど

録画して眠くなったら、明日観ようてってれ~