「家族なのにどうして?」あらすじ・キャスト&感想!韓国ドラマ

韓国ドラマざっくりあらすじ・キャスト情報&感想
「家族なのにどうして?」

冬眠主婦ねじです。

今回は、タイトルからしてホームドラマな作品、ラブコメ要素もしっかりあって家族で見られる週末ドラマ
「家族なのにどうして?」パチパチー!

スポンサーリンク




【ざっくりあらすじ】

豆腐屋を営みながら、男手1つで3人の子供達を育ててきたスンボンは、超がつく親バカなお父さん。
けれど子供たちは自分のことで手一杯で、父親を気遣うこともなく振り回すばかり。

そんなスンボンがある日突然、子供達を相手に訴訟を起こす。
父の真意も分からず、驚き慌てる子供達だが、それぞれの恋愛や結婚も合わさって周囲が騒がしくなっていく。

訴訟と子供達の恋の行方は?
スンボンの真意とは?

以下ネタバレあります!
評価のみご覧になりたい場合は、記事の最後までスクロールしてください。

【キャスト情報&感想:全話視聴】


突然の行動で家族を驚かせる父スンボンはユ・ドングン

時代劇にたくさん出てて「王様俳優」などとも呼ばれる国民的俳優さん。
「九家の書」では歴代の王様と同じくらい有名なイ・スンシン将軍もやってます。

お父さん役は「素直に恋して~たんぽぽ三姉妹~」でもやってるけど、今回の方がコメディー要素が多い。

最初、親バカぶりがすごくてびっくりしたんだけど、途中からは扱いにくいわがまま親父に変貌するのが極端w。


三姉弟の長女ガンシムは、「ファンタスティック~君がくれた奇跡~」キム・ヒョンジュ。

今回もいつものように美人でデキる女、っていうかそれ以外の役柄で見たことない。
ちょっとイメージが固定され過ぎな気もするけど、私は好きな女優さん。

敏腕社長秘書が似合いすぎ。
犬猿の仲の常務の担当に替えられて、いがみ合ってた2人がいつの間にかっていう、もう一番ありがちなパターンだけど、それを上回ってきました。

それはこの人のせい。

キム・サンギョン演じる常務テジュが、スンボンを超えるなんかもうすごいキャラ、言ってしまえば変人で驚きました。

キム・サンギョンといえば「大王世宗」ね。
様々な作品で取り上げられてるとーっても偉大な王様だったのに、一体どうした?!なんかイタいくらいやん…とギャップについていけなかったほどw。


医者の長男ガンジェはユン・パク
「女王の花」「グッド・ドクター」もそうだったし、なんか医者の役が多い。

今回は、自分の家族にうんざりしてて、野心から上司の娘と結婚しちゃいます。
いわゆる逆玉ってやつね。
それで、元々愛がないからとってもクールな態度、一生懸命なお嫁さんが可哀想だったわ。


デキないけど憎めないお嫁さんヒョジンはソン・ダムビ

「ミセスコップ2」では喧嘩っ早い警官役で全然イメージ違いましたが、この人元々歌手なのね。
「韓国のビヨンセ」「女Rain(ピ)」おいおいとか言われたそう。
まあスタイルいいもんね。

お顔がね、ほら、どうやったってナチュラルとは言い難いでしょ。
それで初めはうーんって思ってたけど、一途なヒョジンがいじらしくて応援するようになりました。


マンネのタルボンはボーイズアイドルグループZE:A出身のパク・ヒョンシク
ZE:Aのプリンスって言われてたの。背も高いしね

この作品以前に「相続者たち」にも出てたけど、あー出てたねーって感じで影は薄め。
この作品で存在感を示してからは、「上流社会」「花郎」「力の強い女ト・ボンスン」と着実にメインの役柄へとステップアップしていってます。

タルボンは、できのいい姉兄の下で腐ってるような問題児だったのが、最終的には一番成長したキャラね。

その陰には励ましてくれる人とライバルの存在があって…。
ありえないほど出世するとかでもないし、好感の持てる自然な展開でしたね。

スポンサーリンク





タルボンの成長の女神、田舎からやってきた純朴娘のソウルは、子役出身のナム・ジヒョン

その高い演技力にオファーが絶えなかった子役スター、ざっと思いつくだけでも
「エデンの東」ハン・ジヘ
「エンジェルアイズ」ク・ヘソン
「クリスマスに雪は降るの?」ハン・イェスル
「ジャイアント」パク・ジニ
「善徳女王」イ・ヨウォン
「大王世宗」イ・ユンジ
とすごいキャリアの持ち主よ。

お顔の系統バラッバラ、この子は大きくなってもこうはならんやろーってよく思ったw。
そんな違和感があっても、演技力を重視してのキャスティングなんだと思います。

で、子役じゃないのを見たのはこの作品が初めてでした。成長したのね~

ソウルはタルボンと友達を勘違いしてて、約束を信じて会いに来ます。ナムサンタワー
思い込みのごり押しにちょっとたじろいじゃったけど、知ってみると心が優しくてよく気のつくいい子なのね。


ソウルの約束の本当の相手だったのは、元アイドルでレストランの社長ウノ。

「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」ソ・ガンジュン君、音楽活動もやってる俳優グループ 5urprise(サプライズ)のメンバーよ。
「放課後サプライズ~ハチャメチャ大作戦」で5人そろった演技を観られます。高校生でかわいいの

ウノはこの三角関係のうちでは一番大人かな。
義理の兄や父との関係とかもね、なんかよかった。

ソウルは勘違いがわかっても揺らがなかったけど、ウノの方が条件はいいし、普通は迷うでしょ。
ただ、あのお母さんが姑っていうのはハンデね。

タルボンの勝ちは初めから折り込みずみだから、やきもきはらはらではなかったけど、かっこいいライバルでした。

この作品、おばさんたちがとっても魅せてくれたの。
みんな個性が立っててすごく楽しかった。

おばさん①母親代わりで家事を一手に引き受けてるスンボンの妹スングム。

演じてるヤン・ヒギョンは、体型のせいかコミカルでわりと騒がしい役の印象だけど、アニメのナレーションとかは包み込むような落ち着いた感じでやってました。

オッパとは当然仲良し兄妹なんだけど、そういうのってやっぱりいいなあって思わされた。


おばさん②ウノの母親で、テジュ父の再婚相手のソリ。

ナ・ヨンヒ、ショートカットがトレードマークの女優さん。
「プロデューサー」のときは芸能事務所社長だったけど、基本誰かのお母さん。

いつもキツーい性格で、何かしら難あり。
「運勢ロマンス」やこの作品はまだ柔らかめかな。

プライドが高くてウノに無理を言って困らせるんだけど、このお母さんのおかげ悪い意味の方でウノはしっかりしたのかも。


おばさん③ガンジェの姑(ヒョジン母)で、病院長夫人のヤングム。

キョン・ミリといえば、やっぱり「チャングム」の悪者チェ尚宮よねー。悪いやつだったわー!
でもね、インタビュー見たらすごく上品で素敵な女性だったの。
それがこの作品では、なんと元スケバン!時代的にこの呼称でw。

高校生時代を子役なしでやってるのもすごいでしょw。
前髪を「ふっ」て吹くのが決めしぐさで、あまりに今までとかけ離れてたから、もう度肝を抜かれて大笑いしました。

このコスプレをあとで全員がやっちゃうんだw。
もしかしたらミリさんのが評判よかったからじゃない?知らんけど


おばさん④スンボンのお相手のミス・コことボクチャ。

キム・ソラ、この女優さんの場合は、大人しいかちょっと抜けてる「今日から愛してる」みたいな役のイメージだったのが、今回は同じく元スケバンのアパレル社長。

気が強くてしっかり者で、スンボンを支えました。
こういう人がいてくれて、スンボンにとって、あと家族にとっても本当によかったと思います。

おじさんは2人。

テジュの父のキム・ヨンゴン

院長のキム・イル

2人とも悪役からコメディーまでこなす俳優さん。
院長が面白かったわ。
妻をバカにしてたんだけど、豹変されてびっくり、気持ち分かるわー!

 

週末ドラマ、長編だからいろんなことが起こります。
でも、要らんなこれはっていうエピソードはなかった。
全てが重要ってことじゃないけど、全編楽しめたから。

最初からそうなるだろうと思ってた通りの結末だったけど、いい終わり方でした。感動したよー
訴訟のことだけじゃなく、みんなが成長してスンボンも安心できたと思うし、家族達には心残りあるだろうけど、できるだけの送り方をしたんじゃないかな。

私はいつも、心配かけたくないから周囲に病気を隠すっていう設定みると、自分なら隠さないで教えて欲しいって思うのね。
残された貴重な日々を無駄にしてしまったって後悔したくないから。

でも、言ってしまったら子供達の本当の成長は見られなかったはず。
スンボンのやり方が型破りだけど功を奏したことで、隠したことにも納得できました。

笑い、涙、人生、恋愛、全ての要素が含まれていて、全世代が共感して観られる作品だと思います。

評価は・・・

毎回安定の面白さ

誰に共感するかによって楽しさも色々

家族で観てね~!パチパチ~!