「内省的なボス」あらすじ・キャスト&感想!韓国ドラマ

冬眠主婦ねじです。

今回は、楽しみにしてたのにリタイアしちゃった

「内省的なボス」あぅ…。

主演俳優さん好きなのにどうしてこんなことになったのか…。ため息

スポンサーリンク

目 次

ざっくりあらすじ

キャスト情報&感想:全16話中8話まで視聴

    1. 主人公ファンギbyヨン・ウジン
    2. ヒロインロウンbyパク・ヘス
    3. 2番目男子ウイルbyユン・パク

感想

評価

ざっくりあらすじ

業界1位の広告会社ブレイン広告では、やり手の代表ウイルの活躍に社員達が心酔していた。

だが、会社にはもう1人の代表が存在していた。

社屋のペントハウスに住む、謎に包まれたもう1人の代表ファンギは、ひどく内向的な性格で、人と顔を合わせることを避けていた。

そんなファンギは、3年前に自殺した秘書の妹を密かに応援していたが、その妹ロウンが新入社員として会社にやってきて…。

以下ネタバレあります!
評価のみご覧になりたい場合は、ここをぽちっと

キャスト情報&感想:全16話中8話まで視聴

主人公のファンギヨン・ウジン

めちゃめちゃハンサムというわけではないけれど、なにげにお気に入りの俳優さん。
「恋愛じゃなくて結婚」とか「離婚弁護士は恋愛中」がよかったから。

で、ウジニが出てるからって映画「ただの友達?」も観たら、イ・ジェフンとのゲイカップルのお話でした。
お、おぅ、デビュー作でなかなかの冒険やん。
でもなんかかわいかった。

「離婚弁護士は恋愛中」のナムジャ主人公のときは地下鉄恐怖症でしたが、今回のファンギは対人恐怖症。

途中でやめちゃったからはっきりしてないけど、こんな性格になった原因は父親のせいみたい。あんな父親じゃね…

でも、秘書が異常なまでに怯えてたのがピンとこなかったです。
お花を届けたりパンダを旅させたりする、そんなファンギからは優しさがにじみ出てしまうと思うから。

できる人なのに、周りとタイミング合わなかったり、上手く発揮できなかったりして、イライラしました。

どうも、ブラックねじです。広い心で見てね

ヒロインのロウンパク・ヘス

「師任堂サイムダン色の日記」イ・ヨンエの少女時代をやってて、幼いイメージだったんだけど、実際は子役って年齢でもないのね。

デビューはチュウォン「ヨンパリ」で、チュウォンのけなげな妹役でした。

見始めるまでは好印象だったのに…。

この子なんでこんなにぐいぐいいくんだろ?→ああ、自殺の真相を探るためだったのね、って一旦納得したんだけど、それを踏まえてもロウンの行状は目に余ってしまいました。

思い込みが強くて強引、信じたいことだけ信じるようなタイプ。
一生懸命?いやいや、自分を疑うってことをしない、常に自分が正しいと思ってるでしょ。

妹として何もできなかった自分を責めるといった様子がなくて、そこに向き合うと辛いから外に原因を求めてるのか?と思ったけど、深読みでした。

家では暗いっていうギャップはまあいいとしても、1人で真相について考えてるときの描写がなぜかコミカル。

そして、あの無礼さ、あの上から感が、どうしてもだめでした。

一体何様やねん?!

ファンギは優しいからそれで通ってるかもしれないけど、観てるこっちは限界だ。

未経験の新人なのにクライアントに説教?
全ての広告業界人がはあ?!ってなったね。

ファンギの弱い部分を知ったときのあの言動!
本人にそれを指摘したかと思えば、上から感に満ちた笑顔。なに笑ってるんだ!

もうね、無理。お手上げや

ファンギが、贖罪の気持ちから見守っているうちにファンになるのはわかる。
でも、それ以上となると、ロウンのどこがいいのか全然わからなかった。

「離婚弁護士」のときは、最初嫌な女だったヒロインの良さが、ちゃんとわかってくる展開だったのに。

そうなってくると、パク・ヘスの声も若干しゃくれて見えるアゴも、全てが嫌になってきて…。ごめんよ

会社の共同代表でファンギの妹の婚約者ウイルユン・パク

まあシュッとしてるんだけど、「瑠璃<ガラス>の仮面」のヒロイン弟ゴンみたいに明るく可愛げのある役は少ないかな。医者役は多いけども

ウイルはカリスマ性があるって描き方だけど、最初のプレゼン、あんなのでクライアント納得しないだろと思ったのは私だけではないはず。全広告業界人がはあ?!

私が観た範囲では、ロウン姉の自殺はウイルのせい真相は違うのか知らんけども
土下座&泣いて謝ってたのに、ロウンにも手を出すっていくらなんでもねー、女癖悪すぎでしょ。

婚約者を何だと思ってるんだか、理解できない。

コンプレックスのせいでたまったストレスがこんな形で出ちゃうのかな。たち悪いな

でも、ただの引き立て役なら婿にはしてもらえないんじゃない?
よくしてもらえてる方だと思うけどな。

ファンギに対しては、負い目があるわりに対等というか、気遣いに見せながら自分に都合よくやってる感があったけど、これは、ファンギのいい人ぶりを強調するためならアリかもしれないです。

強調といえば、伏線なのかもしれないけど、ちょいちょい出てくるボディタッチ、ないわー、っていうかセクハラでしょ。

スポンサーリンク

感想

まず、ヒロイン姉の自殺について。
雰囲気から感じただけだけど、動機が弱いんじゃない?

あんなに愛情深い家族を持つ人が、ウジニもゴンも弄んでボロボロにして捨てる的なことはしていなさそうなのに、自殺までする?って、はなはだ疑問でした。
「怪しい家政婦」の動機の方がまだましなくらい。

それ以前に、ラブコメの設定として、自殺の真相究明がベースにあるっていうのは無理があると思います。

地位や名声、財産ならまあなんとかなるけど、取り返しのつかない命を失ったっていうのはね。

姉が自殺、それが元なのか母も亡くなるっていう、デリケートで深刻な状況で関係者間のラブコメって…。コメはだめでしょ

ヒロインのぶれ、不自然なちぐはぐさもこの設定のせいじゃないかな。

後に明かされる真相がどんなものにせよ、私が観た限り違和感が拭えない。
真相わかってからラブラインが進行するならいいと思うけど。

主人公ファンギのキャラ設定はね、けっこういいと思ったんだけどな。
有能で優しくて、踊れるw、ウジニの魅力が発揮されてた。黒フードも似合う

でも、合宿に行って気持ちに気づくとか、ありきたりの展開が残念です。
大体、会社が舞台のドラマは、どうしてどれもみんな合宿に行くのか?

合宿行ったと思ったら今度は旅行て、暇なん?
そのリゾートで、真相は判明していないのに、浮かれかれた妄想するヒロインて何?

妄想する前に、決め付けてやらかしたこと反省しなよ!

ああ、挙げるとキリがない…。
どんなにダメな部分があっても、それを上回る面白さがあればスルーできるのに。

ヒロインに難がある以上、サブキャラに期待するしかなくなるのだけど、それがまた、みんな魅力的じゃなかったんだよね。

ところで、おや?っと思ったのは、こちらのキャスティングです。

ファンギの部下にイェ・ジウォンこの写真お友達のMさんに似てるwホ・ジョンミン、クライアントの娘でホ・ヨンジが出ています。

これって「また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~」のメンバーじゃないか。
もっと観続ければキム・ジソクもイェ・ジウォン夫役で出るらしい。

これはプロデューサー繋がりだそうです。
「恋愛じゃなくて結婚」も手がけた人とのこと。

じゃあ「離婚弁護士は恋愛中」でウジニの母役だったソン・ビョンスクが施設の園長先生だったのはたまたまってことか。なんだ

クライアント役にもJYJジュンス他よく見る顔が出てきます。

いい人出てるのに、なんていうか…、活かし切れなかったね。何様?だけども

イェ・ジウォンとかもっとこう、うぁんん、もったいないぃ。

なんかね、視聴率悪くて途中で脚本を書き換えたそうです。それでこれかい?

ウジニ主演で楽しみにしてたジュンギ君作品に比べたら期待は少ないけどものに、残念でなりません。
はぁ…、最後まで観たら感想変わったのかな。

評価は・・・

ラブコメ向きじゃない設定とありきたりな展開

何様?

ぐいぐいくるヒロインに閉口

全話録画したし暇~な時にでも観るかな

いや 観ない気がするぼんよよよ~ん