「応答せよ1994」あらすじ・キャスト情報&感想!韓国ドラマ

tvN

韓国ドラマ ざっくりあらすじ・キャスト情報&感想
「応答せよ1994」 

冬眠主婦ねじです。

今回は「応答せよ」シリーズ第2作目「応答せよ1994」パチパチー!

シリーズは3作あるけど、この作品を最後に観ました。
先の2作はよかったし、今回はどうかな~?

スポンサーリンク

ざっくりあらすじ

時は1994年。
ヒロインナジョンの家は下宿屋さんを営んでいる。

入居人は…
優秀な医学生で、兄同然の幼馴染みのスレギ(=クズ)。

同じく医学生のピングレは大人しい性格。

軟派なヘテ、老け顔のサムチョンポ、アイドルオタクのユンジンはナジョンと同じ専攻。

さらにピングレのいとこで野球部のエースチルボンも顔を出す。

前作と同じ両親wに見守られながら、にぎやか過ぎるくらいに暮らす毎日。

例によって、5人のメンズの中にナジョンの未来の夫がいるのだけれど…。

以下ネタバレあります!
評価のみご覧になりたい場合は、記事の最後までてれってーっとスクロールしてください。

キャスト情報&感想:全話視聴

ヒロインのナジョンコ・アラ
…えっと、韓国でもコアラはコアラだよね?
からかわれなかったのかな?小さい時。余計なお世話や

可愛いお顔で、怒るとパグに似てます。
あごの裏側なくて全部見えちゃうタイプ。

ドン引きしそうな追っかけぶりとか、なかなかにがさつなヒロインを好演しました。

リスみたいに食べ物を口いっぱいにほおばってじっと見る顔とかも印象的だったな。

「応答せよ1988」のカメオですでに見ていたスレギオッパ役はチョンウ
ソヌの友達~!

「素直に恋して~たんぽぽ三姉妹~」の次女婿、ちょいダメ男でしたね。

今回は天才的頭脳の持ち主と大違いだけど、やっぱりダメ~なところはダメだったw。

チョンウ、脇役のイメージだったけど、この作品でブレイクしたみたい。
わかるわ、するよブレイク、スレギオッパよかったもん。髪型三戸なつめみたいやけど

スレギオッパのライバルチルボンにはユ・ヨンソク
「幸せのレシピ~愛言葉はメンドロン トット」ではナムジャ主人公。

ちょっと甘えた感じのしゃべり方をする俳優さん。
メンドロンの時はこんなに体格がいいって気がつかなかったけど、本当に野球やってるように見えた。

この2人以外は未来の夫とは違うなってわりととすぐ分かります。

老け顔なのにマンネのサムチョンポキム・ソンギュン

その彼女、アイドルオタクで「人の内臓で塩辛を作る女」怖いし!ユンジン「ネイルカンタービレ」ミニミニことドヒ

キム・ソンギュン、3作目「応答せよ1988」で親世代の役で出てるのを先に見てたから、めちゃめちゃびっくりして検索しましたよ。

放送当時33歳、マンネじゃなくて最年長やん、想像はついてたけどw。

この2人はおもしろパート担当って感じだったけど、ユンジン母のところと結婚問題のときはうるっときました。

2人が歌うOSTもすごくよかった。
「運命」という曲のカバーよ。

ドヒはTiny-Gっていうちっちゃい子ばっかりのガールズグループのメンバーだったのね。
歌上手いわけだね。

ピングレはスレギオッパのこと好きみたいな…。
前作に続いてまたしてもその設定?

スレギオッパがリュックを取り上げて足だけ見てろって、なんか好きになるやろそれ!みたいなことするから。

ここで「確認キス」ね。キター!
これ一歩間違えば、ダイダイ先輩めちゃめちゃ可哀想になってたよ。危なかった~

演じてるのはバロ、「ああ、私の幽霊様」パク・ボヨンに似てると思うのはわたしだけ?

アイドルグループB1A4のメンバー(ラップ担当)よ。
音楽番組で見たらChoo Choo TRAINとか歌ってた。

バロはピンクのヒョウ柄シャツwで、ラップやってました。
見かけによらない太めの声でけっこうなギャップです。ちょっとびっくり

ヘテとナジョンは恋愛相談しあう中。
すごく仲良かったから男女でこういうのっていいなって思って見てました。

見たことない俳優さん、スラムダンク宮城先輩ですか?!と思ったら、「トロットの恋人」とか観たことある作品に出てたみたい。ゴメン、気づかなかったよ

東方神起ユンホの親友なんだっておおーソン・ホジュン

スポンサーリンク

感想

今回は大学生からスタート。

中盤で、ナジョンが好きなのはスレギオッパって分かるんだけど、だからってすんなりとはいかないのね。

ベッドで抱き合うことはできるのに付き合えないってどういうことや?
いや、むしろそうだからなんだね。
ずっと兄として息子としてやってきたから。

もっと後でよくわかるんだけど、この家族のために生きてきてるのよスレギオッパは。
オモニに知ってたって言われたとこ、今思い出しても泣けます。

付き合い出してからはもうラブラブ。
こういうのは日本のドラマと違うっていつも思う。
キスシーンも長いからお茶の間気まずいよ。

この時点でまだ半分近く話数残ってる。
でも、全然間延びすることなかったです。

結婚延期からの別れ、はーそう来たか。
兵役とか留学とか海外勤務とか、韓国の若者の恋愛には障害がいっぱい。なのか?

チルボンを応援してたから好都合だったけど。
「終わるまで終わらない」そうだ!頑張れチルボン!

天才肌のスレギオッパと違って、チルボンはすごーく努力した人で、チームメイトのことも大事にしてた。
それを、ごく普通にやってて、すごいな懐深いなって思いました。

ミレニアムの約束とかチルボンにもチャンスか?って思わされるようでいて、でも、やっぱりスレギオッパなんだろうなってどこかで思ってました。

チルボンといても、ナジョンにはときめいてる様子が見えなかったから。
逆に、チルボンは好きで仕方ないって感じだったから、見てて切なくなったよ。

カメオは豪華でしたね。
1997のメンバーが揃って出てきます。
あ、だから赴任先プサンなのか!

韓国語って、関係性によって呼び方が変わるけど、それが効果的に使われてました。 ピングレとチルボンが気持ちに踏ん切りをつけたときに「ヒョン」って。

似た経験があるので、ああこれからはそう呼ぶんだねって感慨深かった。

やっぱり同性からはヒョンって呼ばれるのが嬉しいのかな。
女性からはオッパに決まってるけど。

チルボンが「シグナル」キム・ヘスのトークショー(実在の人やものがいっぱい出てくるのも楽しい)で、仲間に会いたくなったって話したのも泣けちゃったな。

みんなもその気持ちにしっかり応えて陰で支えてて、素敵な仲間達だなって思いました。

で、メジャーリーガーでも特別扱いはなし、っていうかパシらされてるしw。
おかげで、「ロマンスが必要2」の方のチョン・ユミと出会えてよかったね。

このカメオは何つながりなのか、軽く調べてみたけど分かりませんでした。

とにかくみんなが幸せになる&なりそうな予感がするようになって、とってもよかった。

評価は・・・

シリーズの中で1番!ではないけどwやっぱり面白い

わかってるのに2番目男子を応援しちゃうくせが出たよ

録画してその日のうちに観たい~!高評価パチパチ~!

トップへ戻る