「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」あらすじ・キャスト&感想! 韓国ドラマ

韓国ドラマ ざっくりあらすじ・キャスト情報&感想
「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」

冬眠主婦ねじです。

ジュンギ君ファン待望のロマンス史劇~!いやっほー!
しかも!あの大ヒット中国ドラマ「宮廷女官 若曦」のリメイク!きたー!

もう、めちゃめちゃ期待して視聴開始した作品
「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ぱちぱちー!

スポンサーリンク

ざっくりあらすじ

彼氏に裏切られてしまった化粧品の販売員ハジンは、訪れた湖で子供を助けようとして溺れてしまう。

やがて目が覚めると、なんとそこは高麗時代。
ハジンの魂は少女ヘ・スの体に乗り移っていたのだ!

初代皇帝ワン・ゴンの宮廷に出入りするようになったス(ハジン)は、個性豊かな皇子たちと出会う。
皇子達は現代の感覚と知識を持つスに興味を引かれ、それぞれに親交を深めていく。

激動の時代の中、スの恋心や行動は歴史にどんな影響を及ぼしていくのか?

以下ネタバレあります!
評価のみご覧になりたい場合は、記事の最後までスクロールしてください。

キャスト情報&感想:全話視聴

高麗の太祖王建(ワン・ゴン)の第4皇子ワン・ソは、イ・ジュンギ君~!きゃ~!
映画「王の男」「イルジメ~一枝梅~」の時から時代劇スターです。

人呼んで『女性より美しい男』誰にも異論はないはず。
ねじは特に、横顔の美しさがお気に入りでございます。もーずーっと見てたい

でもね、そのイメージのせいで逆に男らしい役をやってるのかも。
現代物でもそうだし、ハードなアクションも多い。

ラブコメ、私の観た中にはないから嫌いなのかもしれないけど、1度ツンデレとかやって欲しいなー。いけるとおもうけどなー

ソは実母である皇后に負わされた顔の傷のせいで疎まれてきた第4皇子。
あまりに理不尽な設定よ、皇后意味分からん!

さらに、は?ってなったのは、そんなソがマザコンなこと。
韓国ドラマって本当にマザコン多いよね。オンマ~、実際にも多いんかい?

王族って感情のままには生きられないんだし、あんな母親さっさと割り切ってしまえばいいのに、すごく拘るのよねー、ジュンギ君には相応しくなかった。

似合ってたのは役柄に合わせた黒いお衣装ね。
雨のシーン、スになりたい!って思った女子多いと思うわ。
仮面も似合ってた、半分でも美しい顔に変わりなし。

ナイーブ過ぎてちょっとなーって思うくらいナイーブな心を持ちながら、獣のように粗野に振舞ってきた皇子が、現代からやってきたスによって変わっていくのだけど、未知の相手に触れて心が解けていく感じが、「TWO WEEKS」とちょっと被りました。

「TWO WEEKS」のイ・チェミちゃん(スジン=ジュンギ君がその存在を知らなかった娘)太字注意、めちゃめちゃ可愛かったな~。

後半、史実に基づきソは第4代高麗王光宗になります。
光宗がどんな王だったかというと、史実では、奴婢の解放といった改革を推し進めて、新しい国家の基礎を築いた名君と評されています。ジュンギ君にぴったり

その反面、粛清を断行した「血の君主」でもあったのね。そういうのも似合っちゃうんだけど

そういう狂気っぽい面は少し描かれていたけど、王としての大きさや強さが出てこないから、ただの悲しい人みたいになってて…。なんだかなぁ

現代からタイムスリップして現代の女性ハジンから高麗の少女ヘ・スになるのは『国民の妹』IU

色白で離れ目、童顔よね。
歌手としても人気、中3で歌手として芸能界デビューしました。

ジャクギのリウ・シーシーにビジュアルを寄せたキャスティングかしらね。
ジュンギ君はニッキー・ウーには似てません、あっちは辮髪だしね。ジュンギ君の辮髪はさすがに見たくない

最初のドラマ「ドリームハイ」は、ストーリーもキャストもよかった。
その頃より綺麗になったね、目がずいぶん大きくなって。どうやったん?

キム・スヒョンと再共演した「プロデューサー」は面白かったわ。オススメの短編

でも、主演で頑張った週末ドラマ「最高だイ・スンシン」(邦題「最高です!スンシンちゃん」ちゃん?もーやめたげてー!は残念だったな。リタイアしました

で、厳密にはタイムスリップじゃなくて、魂だけがやってきて乗り移ったっていう設定でした。

どうも、ブラックねじです。
もう言っちゃいます。
ス、気に入らんわ~!許して

皇子達がみんなスに夢中になるんだけど、高麗時代に現代の感覚や知識持ってたら、それは新鮮で特別に見えるでしょうよ。
だけど私の目にはそれほど魅力的に見えなかった。

そしてずっと感じてたのが、何様やねん!感

前半はね、多少モヤモヤしたけどまだマシだったんです。
実際はあんな化粧品なんて作れないと思うけど、ストーリー的には必要だから許す。何様やねん!ブーメランw

でもストーリーが進んで、スが表面上おとなしくなってからが、なんだかもーどんどんダメになった。

「お前といられるなら王位は要らない」って言うかと思ったって…言うかっ!

「万歳万歳万々歳」って超重要な場面で王を勝手に決めちゃうし。

「私が力になる、『血の君主』にはならせない」はい~?

私が私がって、自分の都合で変えようとしてるけど、歴史の重みわかってる?
一国の歴史を変えることは世界すら変えかねないんだよ!

ソがどれだけ愛に飢えてるか知ってるはずなのに、ソが自分の思った通りに行動しないからって、ジョンを巻き込んで逃げるし。

当時としては当たり前の成り行きなのにチェリョンの処刑にも文句。
兄でもある一国の皇太子を殺したのに、側女あえてこう書くけどの言いなりになって許すなんてできると思う?

そんな王を誰が敬うんや!

終始自分の気持ちや自分にいい顔してくれる人だけが大事って感じだった。

王の顔、個人の顔、弱いところもダメなところも全部ひっくるめて、ソを丸ごと受け止めるのが愛じゃないの?

結局、歴史上そうじゃないってこと以上に、スは后の器ではなかったということね。

ジャクギはこんな風に感じなかったのに。
もー全っ然共感できなかったです。

だからあの結末でも全然悲しくなかった。
ソが孤独になったのは胸が痛むけど、自分勝手なスは側にいなくてもいいから。

ところで、出産シーンは事務所NGだったのかな?ちょっと気になったw
IUは演技力のこと悪く言われがちだし、一皮むけるためにやれって言われればやったんじゃないかな。

あと最終話、一般的にステマの多い韓国ドラマだけど、それにしても堂々とし過ぎのシーンが出てきて、まただよってしらけてしまいました。もしかしてのIUがイメージキャラ
本編中にCM入れちゃだめなんだっけ?その弊害ね。

余談ですが、中国版の主演2人はドラマの後めでたく結婚しました。ぱちぱちー
でも、ジュンギ君は真似しないでね。絶対嫌だ

最初にスと恋に落ちる第8皇子ウクカン・ハヌル

カン・ハヌルといえば、やっぱり「ミセンー未生ー」よね~!「エンジェルアイズ」は残念だったリタイア
ミセンは本当にいいドラマだった。

ミセンのベッキっしとウク、ちょっと性格被る気がします。
ウクは野望で自滅しちゃうけど。
とにかく、いいキャスティングだなって。

スって、ウクとの関係では都合よく高麗流ってどうよ?
意図してないからって、優しいお姉様ハヌル君の相手役としてはちょっと老けすぎを苦しめていいの?

ウクとのことって自分に優しくしてくれるからだよね。
逆にウクに対しては何をしてあげられたのかって考えると、人生狂わせただけな気がする。最悪じゃん

スの友達第10皇子ウンは、ボーイズアイドルグループEXOベクヒョン
ライブではメイクしてたりしてイメージ全然違います。

この作品がドラマ初挑戦だそうよ。
事務所の強力プッシュがあったのか、見せ場のあるなかなか大きな役。

演技の方は、うーん、まあアイドルらしく花はある。

アイドルだけど結婚しちゃうのよ。
でも、完全にファンへの配慮だよね、お相手はアマゾネスみたいな将軍の娘。

ジ・ヘラ、「力道妖精キム・ボクジュ」のちょい役のときは、もうちょっと可愛い感じでしたが…。

まあね、もろもろかんがみてアイドルや美人女優はキャスティングできないのね。
2人の結末は可哀想だったけど、演者としてはおいしい役所でもありました。

スポンサーリンク

早くからのソの理解者で、スとはずっと同士って感じだった第13皇子ペガナム・ジュヒョク。

細身だからそこまであるように見えないけど188cmだって。でかっ
モデルコンテストで優勝してキャリアをスタートさせました。それはそうだよね

「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」で初めて見た時は主人公の親友の年下の彼氏だった。
SNSで話題になった「力道妖精キム・ボクジュ」ライトなラブコメでは主演。

あ、この作品もそうだけど、全部年上好きの設定だ。なぜに?w

密かに慕っていたお姉様亡きあとは、身分を隠した後百済の姫ウヒと付き合うんだけど、ドラマ上の設定はともかく、この相手役のソヒョン(少女時代も年上だよね。

見た目的には実年齢(3年違い)より離れて見えたし。
ペガって、自ら刺されちゃったりするんだからよほどの思いよね。

でも、立場上最初からこの2人はないなって思ってました。
ウヒは色々やらかし過ぎたしね

で、民を守るために自決へ?なんで?なんかよく分からなかったです。

スを最後まで守った第14皇子ジョンは、ジス
「ファンタスティック~君がくれた奇跡~」の若き弁護士君。

兄弟役のナム・ジュヒョクとは親友ですって。
こんな背の高いイケメン君2人が一緒にいたら相当目立ちそう。

武闘派のジョンは、ソの同腹の弟だけど、折り合いはそんなによくなくて、もう少しソに対して思いやりがあってもいいのにと、時々思ってしまいました。

まあ、かわいがられてる側からは虐待されてる側の気持ちなんて想像できないか…。

スへの秘めた思いは、辛かったよね。ジョンア~
忘れ形見も育ててるし。あう

手紙のことは微妙。
スが逃げたり会いたがったり、わがままばかり言うのが元だもの。
自分を責めることないよー。

ソの同腹の兄で悪役の第3皇子ワン・ヨは、ホン・ジョンヒョン

この人もモデル、あのモデルアベンジャーズの1人ね。
アベンジャーズ総出演の「ホワイトクリスマス」「ジャングルフィッシュ2」ではまだ高校生役だったけど、大人になったね。

ソの欲しかった母の愛を一身に受けていたように見えて、実はそうでもなくて。
あんなに目の下赤くしてふらっふらになってるの見たら、いくら悪役でもなんか可哀想になったな。気の毒~

とにかく皇后、あんたが悪い!びしぃ! 
あんたが息子3人とも不幸にしたんだよ!わかってるのかっ?!おおん!

皇后役のパク・ジヨン「嫉妬の化身」の時はちょっとかわいくて素敵だったけど、基本嫌な役やってるイメージのある女優さん。

初代王ワン・ゴンチョ・ミンギ、時代劇も現代物もめちゃめちゃよく出てる俳優さん。

「善徳女王」では気弱な王様だったけど、「TWO WEEKS」では悪役でジュンギ君を苦しめた。むき~っ!

この父王もなんだかね、建国は大変だったんでしょうね、デショワンゴン観てないし詳しいこと知らんけど。知らんのかい!

いくら大変で忙しくたって、皇后からあんな扱いうけてる息子に対して、父親としてケアがなさ過ぎやろ!
夫婦のバランスってあるじゃん、子育てには。

王の悲恋のお相手オ尚宮ウ・ヒジン

「私はチャン・ボリ」とか間抜けなイメージだったけど今回は違いました。しっとり
このキャラも正直スの犠牲者よね。

犠牲者といえば侍女のチェリョン

演じたチン・ギジュ は「グッドワイフ」ではけっこうイメージ違って、年の離れた弁護士を翻弄する学生でした。

チェリョンはうーん、時代の犠牲者って感じかな。

スは最後まで信じたかったようだけど、それは公平性に欠けるというもの。
大罪を犯したのは事実だから。
でも、後継者争いなんてなければ、あんな最期にはならなかった…。

チェリョンを操ってたのが第9皇子ウォン

この皇子役は私なら受けたくないわ、見せ場もなくただ姑息なだけなんだもん。

ワン・ウォン、初めて見る俳優さんと思ったら、「神のクイズ」に出てたらしいけど、全く記憶なし。w
次はいい役もらってね。

ウォンの策略で死んじゃう皇太子ワン・ムキム・サノ

兄弟の中ではただ1人ゴツめがっちり体型。1人だけシュッとしてないw
気の毒だったわ、ジュンギ君に優しくしてくれたのに。それが皇太子の価値かー!そだよw

感想

とにかくこの作品…、私の期待が大き過ぎた。
そしてジュンギ君作品だと、どうしても目が厳しくなっちゃう。

期待は裏切られるととっても辛いのよね。どよーん
「あれ?どうした?なんか違う…」と、どんどん不満が募っていってしまいました。

スのキャラしかり、熾烈な後継者争いをしながらも、治世にはあまり関心なさそうな皇子達の様子しかり。

すれ違ってしまう心も、どうしようもなくそうなってしまって切ない~って感じではなくて、そうじゃないだろ~!議員かwってなってばかりでした。

セットはとってもきれいでよかったし、キャストも美しいのはいいんだけど、恋愛に比重がいきすぎて、なんか軽い?薄い?
王室を描くにはストーリーの重厚さに欠けたかな。

共感できるキャラもねー、あんまりいない。ねじの観賞のポイントは共感なのね

よく理解できたのはソの皇后になったヨナ皇女だけかも。
この人は考えも行動も一貫しててブレなかったもん。

演じたのはカン・ハンナ
おしりの見えちゃうセクシードレスで映画祭に出て話題になった女優さん。
なんかわかる、やりそう。w

この作品、ジャクギのリメイクって時点で、すでにハードルはかなり高かった。
ジャクギは面白かったからね。

原作も舞台もキャストも悪くなかったのに、こんな感じってことはやっぱり脚本なのかな。

史実がベースだし、オリジナルの結末も知ってたからラストの予想はついてて、そこへ至る過程をどう描くのかっていう視点で観てたんだけど、色々気になって嵌れませんでした。

続編があるのかもって思わせるラストだったけど、こんな感じならやめた方がいいんじゃないかな。あれば観るけど
ジャクギですらあんなこと残念すぎたよorzになったしね。

評価は・・・

ジュンギ君なのに途中から流す感じで観てしまうなんて…

ジュンギ君は頑張ってたのに!他のキャストもやけどさ

勝手にハードル上げ過ぎてなんかほんとごめん。ふぁっふぁっふぁっふぁ~ん